効率的に進める方法は?IT資産管理の円滑な実施に役立つ知識を一挙に紹介

こちらのサイトは、企業担当者に最適な情報をご紹介しています。
今回は、IT資産管理の円滑な流れについて効率的に進める方法や円滑な実施に役立てることができる知識について、分かりやすく解説しているので初心者などにおすすめです。
企業がITの資産を管理するための一般的な流れを解説しており、これを読むことで全体的なスケジュールを作るときにも役立てることができるます、管理を担当する分門や人員などにも触れているので参考にされることをおすすめします。

効率的に進める方法は?IT資産管理の円滑な実施に役立つ知識を一挙に紹介

IT資産は、情報化社会といわれる現代において欠かすことができない企業のツールになっています。
IT資産管理は、ハードウェア・ソフトウェア・ライセンスなどIT資産の管理を意味するもので、IT資産で棚卸しや台帳での管理を行えばセキュリティ対策・コンプライアンス対応・コスト削減など様々なメリットが活かされます。
IT資産管理は、ハードウェアを管理する・ソフトウェアを管理する・ライセンスを管理するといった3つの方法で個別に考えることが大切です。

IT資産管理が重要である理由とは

IT資産管理は社内の資産管理や情報セキュリティなど幅広い面で重要です。
IT資産管理が重要な理由はいくつも存在しています。
中でも散逸しがちなIT資産の管理を行うことで余計な設備の増設や出費を防ぎ、すでにある資産を活用できるのはIT資産管理が重要な大きな理由の一つでしょう。
新規部署の立ち上げにパソコンが必要になったからといって、すぐに購入するのではなく管理している資産から余っているものを活用すれば、大切な資金の無駄使いを防ぐことができます。
利用中のオペレーティングシステムのバージョンアップを適宜行う、契約中のサービスの規約を遵守するためにインストール台数を把握するといった項目もIT資産管理に含まれており、どちらも企業が経営を続ける上で大切です。
IT資産の管理のみならず情報セキュリティの面でも重視される項目が多く含まれるのが特徴で、適切な管理を行うことで、企業はより健全な活動を続けることができるようになっています。

IT資産管理の基本はライセンスの把握

IT資産管理の基本はライセンスを把握することから始まります。
たとえばソフトウェアのパッケージの場合、1つのパッケージで複数台のパソコンにインストール可能なものや、1台のみ可としているものなど様々です。
内容を把握せずにすべてのパソコンにインストールしてしまっては違反になってしまいますし、企業活動をする上でいずれはトラブルの元となる可能性もあるでしょう。
現在所持しているソフトウェアはどんな契約内容で、許可されているのは何台までなのかといった詳細を含めてIT資産管理を管理を行うことが大切です。
また、ソフトウェア以外のライセンスもIT資産管理の対象に含まれます。
クラウドサービスで利用する電子印鑑などがその代表となっており、利用人数や契約内容をこちらも管理しなければいけません。
自社が購入しているソフトウェアや利用中のサービスなどはIT資産管理に含まれます。
契約や使用中のパソコンの台数といった詳細を把握し、管理に役立てます。

IT資産管理によってソフトの不正使用を防止

一人一台がIT機器を有する時代から、一人数台を使用する時代へと変化しています。
この環境の変化の中で求められるキーワードが「IT資産管理」です。
ライセンスの不正使用により開発元から規約違反を指摘される、不要なソフトウェアを無断で導入することで情報の流出など、本来の業務とは異なる事象に頭を悩ませる自体は避けなければなりません。
日本国内においてはSky社の開発する「SkySea」などIT資産管理ソフトウェアが多数リリースされております。
IT資産管理を行うことで、クライアントに導入されているアプリケーションを見える化することが出来るため、IT管理者が適切に資産を管理することができます。
遠隔操作、ログの取得などを同時に行うことが出来るため、不適切な操作を防止することができ、不正使用を防止することへと繋がります。
導入のハードルは高いものとなりますが、最終的に自身、又は会社の身を守る盾となることからIT資産管理は有意義なものとなります。

IT資産管理を促進できるツールの種類

企業がインターネットやパソコンといったシステムを当たり前のように活用するようになった現代では、IT資産管理の重要性が年々高まっています。
これに応じて便利なサービスも多数リリースされており、自社に合ったものを選んで活用することができるようになっています。
IT資産管理で利用できるツールには様々な種類がありますが、何を重視するかによって選ぶべきものは変わります。
IT資産の一元化が可能で幅広い情報を蓄積できる、セキュリティ重視でサイバー攻撃への対策を重視、IT資産管理に留まらず関連するあらゆる業務に活用可能など、一口にツールとまとめても多種多様です。
まずは自社が何を求めているのか、もっとも重視しているのはコンプライアンス管理なのか、業務の効率化や内部統制なのかといったポイントを絞り、必要なものを選択すると良いでしょう。
まずは試用期間でテスト運用をしてみてから本格的な導入を決めるのも良い方法となっています。